2013年01月19日

ジャズ理論を使った最良のお手本

カプースチンを学ぶことは
ジャズ理論を学ぶことと同じです。

作品が
ジャズ理論で作られているからです。

ジャズ理論を使って
 芸術に高めた作品
  と言ってもいいでしょう。

カプースチンを弾きたい人は
ジャズ理論がわかっていないと、
作品の内容が理解出来ません。

ぜひジャズ理論を学んで下さい。

それから「カプースチン作品」は
テクニックがないと弾けませんね。

私も、まったく弾けません。

でも、分析すると、
左手や両手のコードの積み重ね方、、
変化に富んだコード進行の作り方、
カッコいいアドリブ・フレーズの作り方、
その他、即興演奏に役立つこと、または
ジャズ・ピアノ上達のための実用例など、
実に、いろいろなことが学べるのです。

「難しくて弾けないから…」
という理由でカプースチンを諦めている人、
または、弾ける範囲の曲だけで満足の人も
沢山いると思いますが、
私のようにまったく弾けなくてもいいのです。

作品を分析して自分の音楽に取り入れる。

自分の音楽的理解力を高める。

そのような利用方法もあるのです。

でも、分析もかなり難しいですよね。

それで分析のヒントを書いています。

無料のものは、有難くも何ともないし、
読み飛ばしても何も損しませんよね。

でも、目の前に<宝物>があるのに
勿体ないような気がしますけれど…。

そのことに気が付いた人、
ごくごく一部の人でもいいですので、
ブログを読んで挑戦してみて下さい。

役に立つことばかり、
得することばかりで、
損することは何もないと思いますよ。

ぜひ、一緒に学んでいきましょう。
posted by テル先生 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 分析のためのジャズ理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314168415
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック