2012年03月24日

Op.133<誤植>報告(その7)

カプースチン
「ピアノのための6つの小品」(作品133)

この曲「Op.133」の誤植報告は、第7回目ですね。

過去記事を見て下さい。
カテゴリ ⇒ <誤植>発見報告の中にあります。


☆6ページ

33小節、上段1拍目「G♭音=♭ソ」は
「♭」を消して「ナチュラル」を付ける。

<理由1>

前小節(32)上段、
最後の音は「F♯音」なので、
このままでは異名同音になってしまう。
「F♯音」と「G♭音」

<理由2>

前小節(32)に「G♯音」もあるので
33小節の1拍目「G音」は
「♭」を消すだけでなく、
親切記号で「ナチュラル」を付ける。

<理由3>

この小節(33)のコードは
「D♭M7」で
第5音=「A♭音」に上下から
「G音」⇒「B♭音」⇒「A♭音」と
解決する音(アプローチ・ノート)になる。

<理由4>

決定的な理由は、
作曲者本人の楽譜には「G音」に
「ナチュラル」が付けてある。
posted by テル先生 at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | <誤植>発見報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/259686761
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック