2012年03月21日

〜協奏曲 第2番(作品14)誤植1

カプースチン
ピアノと管弦楽のための協奏曲 第2番
作品14 [2台ピアノ]

誤植があるので報告します。

☆11ページ

68小節
<第1ピアノ> 右手3拍目の前に
低音部記号(ヘ音記号)を書き込む。

右手メロディーは
「♯レ、♯ド、ド(ナチュラル)、シ」
になる。

<理由1>
この小節(68)3〜4拍目のコードは
「B7」なので「♯レ=第3音」
「シ=ルート(第1音)」になり、
その間の音(♯ドとド)は経過音になる。

<理由2>
試しに「ト音記号」で弾いてみよう。
まったく理解出来ないメロディーになる。

「♯シ=ド?」など不自然。

もし「♭9」なら最初から「ド」で書くはず。

それに左右の手(メロディー)が
音階的に(スムーズに)つながらない。 

☆12ページ

69小節
<第1ピアノ> 上段「ト音記号」を
「低音部記号(ヘ音記号)」に変える。
右手1拍目の8分音符は「E音」になる。

<理由1>
この小節(69)は
前(11)ページ(68小節)で指摘した
誤植の続き。

この小節(69)のコードは
「EM7」なので
左手とユニゾンで「E音」になる。

☆12ページ

<第1ピアノ> 70小節、
上段の終わり位置に「ト音記号」を書く。
(下段と同じ位置に)

前小節(69)で書いた「低音部記号」を
「ト音記号」に戻すため。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この曲は、他にも誤植があるので、
次回も続けて報告します。
posted by テル先生 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | <誤植>発見報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/259242533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック