2009年11月17日

「24のプレ〜」Op.53-No.6(2)

カプースチン「24のプレリュード」(作品53)
 プリズム版の6曲目(44ページ)

第1回目(09.11.1日)の続きです。

まず「形式」を書き込んでから始めて下さい。

今回は各小節にコード進行を書き込みます。
(ジャズ・ピアニストが弾いていることを
少しずつ理解出来るようになってきますよ)

<1コーラス目>

[A1]=(1〜8)から始めます。
1小節目は、
<1コーラス目>と[A1]が書いてありますが、
どこかあいているところに

 Bm7(B dorian) 

と書いて下さい。
これで4小節目まで何も書かなくていいです。

これでは「私、さみしいわ〜」という人は

||Bm7|E(Bass B)|Bm7|A(Bass B)|

このように4小節を書いて下さい。
縦の線は書かなくていいですよ。
小節線ですから。

「そんなことぐらい、わかるわい」
「す、す、すんまへん!」

次に進みます。

5小節目から8小節目までは以下のコードネームを書き込みます。
1小節に1つずつです。

|C♯7|F♯m7|B7|Em ||

ここから作業を進めますが、
気を付けることは、
最初に書き込んだ[A1]、[ B ]単位で
小節番号とコードネームを「常に確認!」しながら進めて下さい。
最後で間違いに気付くと、やり直しが大変ですからね。

では、以下の9小節目から始めましょう。

[B]=( 9〜16)

|| CM7 | GM7 | Am7 | D7 (F♯7)|

|GM7 | E7 | A7 D7 | C♯m7(♭5) F♯7 ||

[A2]=(17〜24)

|| Bm7(B dorian) 17〜20 |

|E7 | AM7 | F♯m7(♭5) F7 | B♭M7 E7 ||

[C]=(25〜32)

|| AM7 | EM7 B♭7 | E♭M7 Cm7 | F7 |

|B♭7 A♭7 | G7 | C7 A7 | F♯7 ||

今回は、ここまで。

このあとは自分で分析してみましょう。


posted by テル先生 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 「24のプレリュード」op.53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。