2010年02月26日

大作曲家達の作品分析

しばらく記事を書いていませんでしたが、
今後の展開(計画)について報告します。

今、準備を進めているのは、
クラシック・ピアノ全般の作品の分析。

大作曲家たち、バッハ、モーツァルト、
ベートーヴェン、ショパン、ドビュッシー
などの作品を分析するブログを作ること。

カプースチン分析(このブログ)も、
少しずつですが続けるつもりです。

もう少しお待ち下さい。
posted by テル先生 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | テル先生の研究日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

音楽の基礎知識わかる?

あなたは音楽の基本理論を知っていますか?

音程や調性など「楽典」のことです。

音程は?

長、短、完全、減、増音程のことです。

例えば
完全4度、増4度の違いを
12の各音から、すぐにわかるかな。

調性は?

「♭」や「♯」が、いくつ付いたら何のキー?

というような問題ですね。

その他、臨時記号の規則など、

音楽の最低限の決まりごと。

「ジャズ理論」以前の問題ですよね。

音楽を学んでいる人なら
「楽典」を知っていて当たり前。

カプースチンを分析する時も
当然わかっていなければいけません。

…と思うのですが、
意外と知らない人が多いです。

あなたは大丈夫でしょうね?

わかったつもりになっていないですか?

実はね、
ジャズ教則本を書いている人でさえ、
おかしな臨時記号を付けていることが
よくあるのですよ。

ジャズ理論を自己流で学んでも、
それ以前の「楽典」は
「知っているつもり」なんですね。

外国版でも、国内版でも、
アドリブ・コピー譜を見るとよくあるんです。
(おかしな間違いが…)

音楽を学ぶ者には
最低限の知っておくべき知識です。

あなたも、しっかり学んでおきましょう。

「楽典」〜理論と実習
著者 石桁 真礼生 末吉 保雄 丸田 昭三
    飯田 隆 金光 威和雄 飯沼 信義

楽典―理論と実習





この表紙、音大に通っていた人には
   お馴染みの「楽典」ですよね。
posted by テル先生 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 分析のためのジャズ理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。