2009年10月29日

困るよね、♯9は…?

「9th」は3種類ある。(以下「9」と略す)

普通「9」(ナインス)と言えば「ナチュラル9」のこと。

残り2つは「♭9」と「♯9」で、
  ドミナント7・コードで使うことがある。
    (いつでも使える訳ではない)

「G7」を例にして説明すると、

「9=ラ(A音)」

「♭9=♭ラ(A♭音)」

ここまではわかると思うけれど問題は「♯9」なんだ。

「9」に♯を付けるから
  「♯9=♯ラ(A♯)」になると思うよね?

ところが実際は

 「♯9=♭10=♭シ(B♭)」と書くんだ。

「G7」の「♭9、♯9」は「♭ラ、♭シ」ということ。

「♯9=♭10」と覚えておこう。


posted by テル先生 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 分析のためのジャズ理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。