2009年10月11日

カッコイイ転調の仕方

今回は、カプースチンの転調の仕方を学ぼう。

前回のコード進行で説明する。

カプースチン
「24のプレリュード 作品53」
  第19番(プリズム版 93〜95ページ)

前回は、第19番の第3回目。

その前は「A1」と「A2」を学んだので
     前回は「B」17〜24(8)だったよね。

曲全体のキーは「E♭」だけれど、ここから転調。

復習しよう。

「B」17〜24(8)

|| Dm7 G7 | CM7(Em7) Am7 |

| B♭m7 E7 E♭7 | A♭M7 |

| Am7 D7  D7(♯5)/F♯ | GM7 D♭7 |

| F♯m7 C7 B7 | Fm7 B♭7 ||

このコード進行、
 今回の説明をわかりやすくするために
   装飾的なコードを省略する。

|| Dm7 G7 | CM7 Am7 |

| B♭m7 E♭7 | A♭M7 |

| Am7 D7 | GM7 D♭7 |

| F♯m7 B7 | Fm7 B♭7 ||

これで、スッキリ。

わかりやすくなったでしょう。

<17〜18>
「キーC」の「トゥー・ファイブ・ワン」

<19〜20>
「キーA♭」の「トゥー・ファイブ・ワン」

<21〜22>
「キーG」の「トゥー・ファイブ・ワン」

<24>
「キーE♭」に帰るための「トゥー・ファイブ」

ここまでは、ジャズ理論を学んだ人ならすぐわかるね。

今回の勉強は、ここからだ。

<18>
「Am7」の押さえ方に注目してほしい。(94ページ)
全声部が平行して半音上がっているよね。

こうやって「B♭m7」に行き、
「トゥー・ファイブ・ワン」にしてしまう転調方法なんだ。

ちょっと強引だけれど、すぐ使える転調方法の1つだ。

<23>
「B7」は「F7」の裏コード。

次の小節「B♭7」(ドミナント)に行くための
セカンダリー・ドミナント(ドッペル・ドミナント)だよね。

だから、23〜24は、|F7 |B♭7|

それぞれを「トゥー・ファイブ」にすると

|Cm7 F7 |Fm7 B♭7 |

その前の小節は、「Cm7」に行くための「G7」だ。

|GM7 G7 |Cm7 F7 |Fm7 B♭7 |

「G7」を裏コードにする。

|GM7 D♭7 |Cm7 F7 |Fm7 B♭7 |

「F7」を裏コードにする。

|GM7 D♭7 |Cm7 B7 |Fm7 B♭7 |

「B7」を「トゥー・ファイブ」にする。

|GM7 D♭7 |F♯m7 B7 |Fm7 B♭7 |

逆から説明したけれど「D♭7」を「C♯7」に思い変えて
完全4度上の「F♯m7」に行き「トゥー・ファイブ」にした。

その「トゥー・ファイブ」を半音下げて「Fm7 B♭7」にし、

見事「E♭」に帰る。

この一連の転調方法を学んでほしい。

ざっと説明したけれど、ジャズ理論を学んだ人なら
      この説明で充分だろう。

じっくり研究してほしい。

よくわからない人も
  ジャズ理論を学ぶとわかるようになりますよ。

今回は、カプースチンの転調の仕方を
    何となく感じてもらえればいいと思う。

さりげなく、一ひねり、二ひねりしているんだね。

これがわかるようになると、すごく面白いんだよ。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ランキングの応援よろしくね。

   右上カレンダー下のバナー2ヵ所です。


posted by テル先生 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 「24のプレリュード」op.53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

続けることが大切だね!

先日「テル先生のジャズピアノ夢実現法」ブログ
       からの過去記事で、
カプースチンを初めて知った頃の話を再投稿しました。

今日は、その記事の翌日に書いた記事を再投稿します。

過去記事の投稿日は07.3.10で、
 本日は09.10.10ですので、
  ちょうど2年7ヵ月前の話です。

その時の決意が今でも続いていることがわかります。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2007年03月10日

<カプースチン研究に専念!>

カプースチンの話の続報です。

本日CD7枚買いました。
(別のピアニストのCDも含む)

もう、まいりました。

もう「すごい!」の一言。

もう、何も言うことはありません。

みなさん、さようなら。

「おいおい、せっかく来たんだから何か言ってよ」(あなた)

「そ、そ、そうですね」

みなさんも早く聴きたい、弾きたいでしょうから
 お薦めの「楽譜」と「CD」を紹介しておきましょう。

 まず楽譜は、

「24のプレリュード 作品53」(全音)
    (注、現在は、プリズム版です)

CDは、上記の楽譜24曲をカプースチン本人が弾いている
「カプースチン:24の前奏曲」(オクタヴィア・レコード)

推薦する理由は、1冊でいろいろなスタイルが学べること。

24曲もあるので弾きやすい曲もあって楽しめるのでは。

楽譜の解説に「難易度表」があるので、
 グレード1〜5を参考にしてみて下さい。

譜面に強い人は、楽譜から先に買ってもいいですが、
  出来ることならCDもあった方がいいですね。
   (CDがないと、感じがわからない)

少しお金がある人は、同時購入。

お金に余裕のある人は、楽譜とCD全部買いましょう。
  (私は余裕がなくても全部買いました)

「あ、ちょっと待ってね!」
 確認しておきたいんだけれど、
  これを買ったからといって
   初心者がジャズ・ピアノ(アドリブ)を
     弾けるようになる訳ではありませんよ。

でもね、とても勉強になるんです。

次の人たちに推薦します。

♪ジャズ理論がわかっていて自分で分析出来る人。
 自分の音楽に応用して下さい。

♪ソロ・ピアノの弾き方を学びたい人。
  各ページ宝の山です。参考になります。
応用して下さい。

♪クラシックを学んでいて、
ジャズ的な曲を弾きたいと思っていた人。
  もろにジャズ・サウンドです。

これ以外の人でも興味がある人は、ぜひ購入してみて下さい。

  (今では、音楽を学ぶ人、全員に薦めますね)

           ☆

    (過去記事もう少し続きます)

カプースチンの分析、今日も数曲やりました。
     同じ言葉しか出て来ません。

「すごいです」

勉強になります。
  学ぶところが沢山あって嬉しいです。

この3日間、4冊の楽譜を持ち歩いて
 カフェ(1日に何軒も)で分析しています。

(注、現在は、プリズム版が5冊あります)

今日から京都の教室に行きますが、
 楽譜とCD全部を持って行きます。

(当時、新幹線の車内でも分析していた)

当面の私の課題は
「カプースチン分析・研究」になりそうです。

自分自身のためになるからです。

(2年7ヵ月、今でも続いていますね)

このブログでも研究成果を報告しますが、
それ以外の記事も今までどおり書きますので
  みなさんは安心して下さいね。
(このブログとは、
「テル先生のジャズピアノ夢実現法」のこと)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここまでが過去記事です。

もう2年7ヵ月前のことなのに、
今でもカプースチン分析が続いています。

私にとってカプースチン作品は
それほど衝撃的な出会いだったのですね。

この記事を読み返して、
  さらにやる気が出て来ました。
posted by テル先生 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | テル先生の研究日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

「24のプレ〜」Op.53-19(3)

カプースチン
「24のプレリュード 作品53」
  第19番(プリズム版 93〜95ページ)

今回は、第19番の第3回目。

前回まで「A1」と「A2」を学んだので
     今回は「B」から始めます。

キーは「E♭」ですが、ここから転調します。

「B」17〜24(8)

|| Dm7 G7 | CM7(Em7) Am7 |

| B♭m7 E7 E♭7 | A♭M7 |

| Am7 D7  D7(♯5)/F♯ | GM7 D♭7 |

| F♯m7 C7 B7 | Fm7 B♭7 ||

18小節目1〜2拍目「Em7」は
「CM7」とも考えられます。
「3,5,7,9」ですね。

どちらにしても機能は「トニック」です。

21小節目「D7(♯5)/F♯」は
「F♯7(♯5)」でもいい。

三和音で考えるとわかりますよ。
   「D(♯5)」と「F♯(♯5)」は
 転回すると、まったく同じ構成音のコードでしょう。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回の8小節から学べることは、いくつもあります。

「Um7 X7」の発展型。

19小節目、23小節目ですね。
「トゥー・ファイブ」の間に、
「X7」に行くための「U7」の代理が入っていますね。
 話は、ちょっと複雑ですが、よく考えればわかります。

もう一つ大事な技法は、
  22〜23小節目の転調の仕方。

裏コードを
 本来のドミナントに思い変えて転調しています。

 この方法は、カプースチンがよく使う技法です。

以上の2つは大切な話ですので、
    時間のある時に、じっくり説明しましょう。
posted by テル先生 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 「24のプレリュード」op.53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

「24のプレ〜」Op.53-19(2)

カプースチン
「24のプレリュード 作品53」
  第19番(プリズム版93ページ)

今回は、第19番の第2回目。

前回は「A1」1〜8(8)だったので

今回は「A1」の次「A2」から始める。

キーは「E♭」だ。

「A2」9〜16(8)

|| E♭ F/E♭ | E7/E♭ E♭7 G7 |

| A♭7 | (G♭dim) F7 |

| E♭ D♭7 C7 | F7 B♭7 |

| E♭ E♭7/G A♭ C♭/A | B♭7 E♭ ||

前回と、どこが違うのか比べてみよう。

12小節目「G♭dim」の左手ベース音「ソ」は
      ミスプリで「♭ソ」だね。

楽譜の4小節目、28小節目、
同じコード進行のところを見たらよくわかるよ。

15小節目は
  「E♭」のコードが1つしかないところで
       よく使う手法。

エンディングなどで聴いたことあるでしょう?

一つのパートが
「♭ミ、ソ、♭ラ、(ナチュラル)ラ、|♭シ」
     と上がって行き、

もう一つのパートが
「♭ミ、♭レ、ド、♭ド、|♭シ」と下がる。

ピアノで弾くなら上がるラインを左手で、
  下がるラインを右手で弾くといいよ。

もちろん、その逆でもいいけれど…。

コードを弾かなくても、
2つのラインを同時に弾くだけで楽しめるよ。

ぜひ弾いて、遊んでみてね。
posted by テル先生 at 23:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 「24のプレリュード」op.53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

「24のプレ〜」Op.53-19(1)

カプースチン
「24のプレリュード 作品53」
  第19番 (プリズム版 93ページ)

今回は、第19番を学ぼう。

キーは「E♭」ですよ。

「A1」

|| E♭ F/E♭ | E7/E♭ E♭7 E♭7/G |

| A♭7 | (G♭dim) F7 |

| E♭ D♭7 C7 | F7 B♭7 A♭7 |

| G7 C7 | F7 B♭7 ||

<1小節目>
「F/E♭」は
  「E♭」に全音上の「F」が乗っている。

<2小節目>
「E7/E♭」の「E7」は「B♭7」の代理コードで
  正しく書くと「F♭7」ですが、
    わかりやすく「E7」で書いておきました。

<3小節目>
「A♭7」は、サブドミナント。

<4小節目>
小節全体は「F7」ですが、
ベースが「♭9」から入って来る進行を、
カプースチンはよくやります。

「F7」の「3、5、♭7、♭9」である
「Adim」=「ラ、ド、♭ミ、♭ソ」の第3転回型が
「G♭dim」。
つまり「F7(Bass G♭)」ということです。

<5小節目>
1拍目「E♭」のところを細かく書くと、
|C♭7 E♭/B♭〜|ですね。

「D♭7」は「G7」の代理コード。

<6小節目>
「A♭7」は「D7」の代理コード。

この部分(4拍目)は、いろいろに書けますよ。

「B♭7/A♭」または「Dm7(♭5)」または
「Dm7(♭5)/A♭」と分析した人も正解です。

<7〜8小節目>
ドミナント・モーション。完全4度(上へ)進行。

8小節目の3拍目を細かく書くと
「A♭/B♭」または「B♭7sus4」で
4拍目が「B♭7」です。

ブログの分析では細かい部分を書き出すと
複雑になるので省略しています。

私の書いたコード進行を参考に、
読者各自がさらに分析し、書き加えて下さい。
posted by テル先生 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 「24のプレリュード」op.53 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

全音上の長三和音を…

カプースチンがお酒の次に好きなものは、

「全音上の長三和音」じゃないかと思う。

カプースチン作品を分析していると

必ず出て来るんだよ、全音上の長三和音が…。

どういうことかと言うとね、

左手「G7」の時に、
  右手で「A」の長三和音を弾くんだ。

左手は普通の「G7」ではなくて
  当然ジャズコードだけれど

右手の「A」は単純な長三和音だ。

その方が効果的なんだね。

実例を示そうと思ったけれど、
 今日はもう時間がないからやめておく。

とにかくいろいろな曲で使っているから
   自分で探してみてくれる。

おもしろいよ。

あ、そうだ。

付け加えるとね、使っているのは、
 必ずしもコードだけでなく、
  フレーズの中にも出て来るよ。

沢山の作品を分析していると、
 その作曲家の好みがわかってくるんだ。

少しずつブログに書いていくからね。

お楽しみに。
posted by テル先生 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カプースチン技法の分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

カプースチン知ってる?

カプースチンを知らない人は、まだまだ沢山いる。

知らない人の方が、圧倒的に多いはずだ。

こんなにカッコイイ作品が沢山あるのだから、
 もっともっと多くの人に知って欲しい。

そう思って、作品を分析、研究するブログ、
  そうなんだ、このブログを1年前に作った。

その前に別のブログ
 「テル先生のジャズピアノ夢実現法」で
  「カプースチン分析」を書いていたから、
    もう2年半ぐらい書いている。

そして、ちょうど1週間前に
    「人気ブログランキング」に参加した。

さらに今日(09.10.5)は、
 「にほんブログ村ランキング」にも参加した。

少しでもカプースチン・ファンが増えてくれたら
    と思って、計画は進んでいる。

右上カレンダー下にバナーが2つあるので
   今後は2つとも、よろしくお願いしますね。

カプースチン作品は、聴いてくれれば、
        絶対にカッコイイと思うはず。

左上「カテゴリ」にカプースチン本人の動画と、
 辻井伸行(少年時代)君の動画があるので
  ぜひ観てほしい。

私もこれから分析の記事をどんどん書くつもりだ。

 多くの仲間と共に学んで行きたいからね。

      応援よろしく!
posted by テル先生 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | テル先生の研究日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

ジャズコードの具体例

ジャズピアノではコードネーム「C」の時に
 「ド、ミ、ソ」とは弾かない。

コードトーンだけを弾くことはなく、
 テンションを組み合わせたコードを使う。

コードトーンとテンションをどのように使うのか
 可能性はいろいろある。

それを知りたかったら
 カプースチンの楽譜を見るとわかる。

私がコード進行を書き出しているので、
 それを参考にして、あなたは楽譜に書き込む。

 そして、実際にどう弾いているのかを調べる。

例えば「G7」の時、
   「ソ、シ、レ、ファ」とは弾かずに、

  よく出て来るのは

「ファ、ラ、シ、ミ」(♭7、9、3、13)

  と弾いている。

それがわかったら、
  12のキーに移調して練習する。

普段から
何でも12キーで練習することを習慣にする。

ここで注意することは、
 この押さえ方がいつでも、
  どこでも使える訳ではない。

まだまだ別の「G7」押さえ方があって、
その時によって使い分ける。

今は、それを自覚していればいい。

とにかく
 最初は一つずつのコードを確実に覚えていく。

何事も地道な努力が必要なんだね。

カプースチン分析をどんどん続けて学んでみよう。

勉強になることが沢山あるはずだ。
posted by テル先生 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カプースチン技法の分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

「カプースチン」へのご案内

 〜 カプースチンを知らない人のために 〜

このブログの左上「カテゴリ」に

カプースチン本人(自作自演)の動画があります。

これを観ると作品の雰囲気がわかります。

しかし、まだまだカッコいい曲が沢山ありますよ。

最近話題の人、辻井伸行さんが少年の頃に弾いた

  カプースチンの作品「夢」も観て下さい。

このブログでは、これらの曲も含めて、

   カプースチン作品を分析しています。

カプースチン作品の特徴は、

ジャズの技法を使ったクラシック作品なんです。

ジャズは即興演奏ですが、カプースチン作品は、
   
アドリブに聞こえる部分も楽譜に書いています。

今までにない新時代のクラシック音楽なのです。

それから、ジャズピアノを学びたい人にも、
 ジャズのコード、フレーズ、コード進行などが
  分析することによって学べます。

新しい読者の方も、ぜひ一緒に学びましょう。

 すべて無料ですから学ばなければ損ですよ。

毎日ブログを更新しますので、お楽しみに。
posted by テル先生 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | テル先生の研究日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

あらかじめ覚えておく

カプースチンを分析したり、練習、暗譜する時など、

普段から基本のコード進行を練習しておくことが大切。

例えば

|X7 |TM7|

これを、12キーで練習する。

「キーC」だと |G7 |C| だよね。

次に、「ツー・ファイブ・ワン」も覚えておく。

|Um7 | X7 | TM7 | TM7 |

当然12キーで、すぐ弾けるようにしておく。

このような基本課題は
  曲と並行して練習するといい。
posted by テル先生 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 分析のためのジャズ理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

「パストラール」Op.40-6(2)

「8つの演奏会用エチュード」作品40
            
第6番 「パストラール」
    (プリズム版 61〜67ページ)

今回は第2回目です。
  (第1回目(09.9.28)の続き)

<形式>を復習しましょう。

<テーマ>

<1コーラス目>1〜32(32)

「A1」 1〜8(8)
  「A2」 9〜16(8)
    「B」 17〜24(8)
     「C」 25〜32(8)

<2コーラス目> 33〜62(30)

「A1」 33〜40(8)
  「A2」 41〜48(8)
    「B」 49〜56(8)
      「C」 57〜62(6)

「Coda」 63〜70(8)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   <コード進行>

今回は、2コーラス目からです。

1コーラス目は、第1回を読んで下さい。

<2コーラス目>

  「A1」 33〜40(8)

|| B♭ Gm7 | B♭ Gm7 |

| B♭ Gm7 | E♭M7 F7(4) |

| B♭7 F7 B♭7 | E♭M7 A♭7 |

| Dm7 Gm7 | C7 F7 ||

  「A2」 41〜48(8)

|| B♭ Gm7 | B♭ Gm7 |

| B♭ Gm7 | E♭M7 F7(4) |

| B♭7 Fm7 B♭7 | E♭7 C7 |

| B♭/F G7 | C7 F7(4) B♭ ||

  「B」 49〜56(8)

|| Cm7(♭5) | F7(4) F7 |

| B♭ | G7 |

| Cm7(♭5) | F7(4) F7 |

| B♭ B♭7 | E♭m7 A♭7 ||

  「C」 57〜62(6)

|| C♯m7(5) F♯7 | BM7 E7 B♭7 |

| Am7 D7 | GM7 G7(4) G7 |

| Cm7 | F7(4) F7 ||

   「Coda」 63〜70(8)

|| B♭ Gm7 | E♭M7 F7(4) |

| B♭ Em7(♭5) | E♭M7 F7(4) |

| B♭ Em7(♭5) | B♭ E♭m6 |

| B♭ | B♭ ||

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ランキングに数日前から参加しています。

  右上カレンダー下のバナーを

   「毎日1回、1クリック!」

カプースチンの魅力を多くの人に伝えるため、
  毎日の応援よろしくお願いしますね。
posted by テル先生 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 「8つの演奏会用〜」op.40 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。